今もなお進化し続ける光回線

最近、携帯電話と同様に負けじと進化しているのが光回線だ。僕は極端に面倒臭りなタイプなので、もう数年間もADSLを使っていたのだが、当たり前というか今更なのだが、光回線のプランを見ているととんでもなく進んでいると思った。

まず料金。僕のADSLは40Mbpsで7100円/月だった。しかし、例えば知名度の高いフレッツ光を例に出すと、割引適用で3810円/月だ。その上、以前の100Mbpsの時も3810円で、そこからお値段据え置きでその速度になったのだろう。名前もフレッツ光隼。何てかっこいいんだ。

それを見ていると最近まで40Mbpsで7100円も使っていた僕は一体なんだったんだ、と思えてくる。通信速度は遅い上に値段は高いのだから。そんな光回線だが、例えばマンションや団地などの集合住宅の場合、昔は誰も使っていなければ工事費の約2万円を最初にアンテナを設置する人が負担していたものが最近は、プロバイダの営業マンの方に話を聞いてもそんなことはなく工事費は大体どこも無料だと言う。

しかも賃貸でハイツやマンション、アパートに住んでいらっしゃる方はぜひ確認してもらいたいのだが、物件によっては家主さんがプロバイダさんと専属契約していて、そのプロバイダ料を一部負担してくれる「インマイルーム」というものがあるのだ。

僕の住んでいるハイツでは、家主さんが半分近くも負担してくれるからものすごくお得なのです。その代わり電気屋さんとかでプロバイダ契約したら、電化製品~万円引きが適用されない場合が多いので、その辺りもよく視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。光回線、ストレスフリーなので最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です