今もなお進化し続ける光回線

最近、携帯電話と同様に負けじと進化しているのが光回線だ。僕は極端に面倒臭りなタイプなので、もう数年間もADSLを使っていたのだが、当たり前というか今更なのだが、光回線のプランを見ているととんでもなく進んでいると思った。

まず料金。僕のADSLは40Mbpsで7100円/月だった。しかし、例えば知名度の高いフレッツ光を例に出すと、割引適用で3810円/月だ。その上、以前の100Mbpsの時も3810円で、そこからお値段据え置きでその速度になったのだろう。名前もフレッツ光隼。何てかっこいいんだ。

それを見ていると最近まで40Mbpsで7100円も使っていた僕は一体なんだったんだ、と思えてくる。通信速度は遅い上に値段は高いのだから。そんな光回線だが、例えばマンションや団地などの集合住宅の場合、昔は誰も使っていなければ工事費の約2万円を最初にアンテナを設置する人が負担していたものが最近は、プロバイダの営業マンの方に話を聞いてもそんなことはなく工事費は大体どこも無料だと言う。

しかも賃貸でハイツやマンション、アパートに住んでいらっしゃる方はぜひ確認してもらいたいのだが、物件によっては家主さんがプロバイダさんと専属契約していて、そのプロバイダ料を一部負担してくれる「インマイルーム」というものがあるのだ。

僕の住んでいるハイツでは、家主さんが半分近くも負担してくれるからものすごくお得なのです。その代わり電気屋さんとかでプロバイダ契約したら、電化製品~万円引きが適用されない場合が多いので、その辺りもよく視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。光回線、ストレスフリーなので最高です。

フレッツ光を利用するメリットとは

インターネットを使うために必要なことは自分に適したプロバイダーを選ぶ必要があります。フレッツ光は光回線を利用してインターネットの通信速度を高めることができ、多くの情報を短時間で閲覧するには最適です。

フレッツ光を選ぶ方法は自分に適したコースや料金プランを比較して決める必要があり、かかる費用に見合った効果を出せるように選ぶと便利です。

フレッツ光はインターネットを快適に使うためにも有意義に活用でき、他のサービスと比較して安いプランを選ぶと容量が制限されるものの頻繁に使わない場合には最適です。

プロバイダーを正しく決める方法は業者と相談して最適な方法を診断してもらうと効果的で、設置にかかる工事の内容や費用を比較して選ぶ方法が望ましいです。フレッツ光は対応エリアが広いために様々な方法で有意義に活用できることが特徴で、様々な場所でインターネットをすることができます。

最近ではインターネットを利用して多くのことを調べる方法が主流であり、通信速度を速くする方法や料金が安い方法を選ぶと便利です。フレッツ光のプランを正しく決める方法は資料請求をして内容を確かめて決めると効果的で、必要な情報を効果的に検索できる状況にする方法が望ましいです。

フレッツ光を利用するメリットはインターネットの通信速度が早く幅広いエリアに対応していることであり、必要な情報を効率的に検索でき他のプロバイダー契約にはない特徴があることです。

フレッツ光がさらに快速になったらしいので話を聞いてみた。

先日ちょっとした消耗品を買いに家電量販店に行った時のお話です。

お店に入ってすぐに話しかけてきてくれた店員がいたので、売り場に案内してもらって、いくつか商品について質問して、商品決定のサポートをしてもらえたので、買うものはすぐに決まった。

しかし商品を持って会計に行く途中で店員がインターネットについて興味がないかと尋ねてきた。なるほど、ちょっと変わったその格好は、家電販売員ではなくインターネット関係の販売員のそれだったらしい。まぁ商品の説明もきちんとしていたし、その店員の商品提案によって思っていたよりも安い出費で済ませることができたので話だけなら聞いてもいいよと言うような形で、話を聞いてみた。

ここからが本題。

店員はNTTフレッツ光の販売員で、彼によると今年の7月から従来の光回線のおよそ5倍もの速度で使える新サービスが提供開始したとのこと。

我が家ではその従来のNTTの光回線をすでに利用していたのだが、速度がいまいちでイライラしていたのは紛れもない事実。どうやら追加料金はいまの料金に月々プラス500円程度らしく、切り替え前に1万円くらいの工事費用を支払えば、夢の速度5倍生活とのことだった。

もう少しだけなら詳しく話を聞いてあげてもいいよというような形で、さらに話を掘り下げようとすると、なんと現在すでに光回線を利用している家庭は彼の管轄ではないらしく、詳細はNTTに電話で聞いてほしいとのこと。

彼に一言お礼を言って、商品を買って帰った後で、ちょっとした興味でNTTにまで電話したことは秘密です。結局、やっぱり速いほうに切り替え申し込みまでしてしまったことは、誰にも秘密です。

インターネットの速度の進化と光回線について

私はインターネットを使い始めて、もう20年以上経ちます。最初は電話回線を使った、とても低速なもので、静止画一枚をダウンロードするのに、3分から5分もかかっていたものです。しかもサーバーのタイムアウトで、画像の半分しかダウンロードできないことも良くありました。

今の10代、20代の人はなかなか想像するのも難しいかもしれませんね。インターネットは新しくて楽しいものでしたが、あまり実用的ではなく、唯一使えたのは、Eメールと掲示板くらいでした。(当時はパソコン通信なんて言葉もありましたね。)ウィンドウズが出回り始めた頃の話です。

その次に出てきたのが、ISDN、そしてASDL。電話回線の使っていない帯域をフルに活用した技術で、以前より少し早くなり、情報の量はかなり増えました。静止画のダウンロードも5分もはかからなくなり、それだけでも大変感動しました。現在の光回線だと静止画一枚のダウンロードは0.5秒くらいでしょうか?私は正確な時間は分かりませんが、私の体感のスピード感ではそのくらいです。

現在はフレッツ光でもauひかりでもだいたいどの光回線を使っても高速のストリーミングができます。ユーチューブで二時間の動画をみることもできます。本当に技術の進化には目をみはるものがあります。とは言ってもまだ超高速まではもう少しですね。技術の進化の余地はまだ残されているようです。

インターネットはまだ100パーセントの性能を発揮する段階までは来ていないようです。あと10年後にどのようになっているか全く想像できませんが、テレビや本などの既存メディアにかなり影響力を持つようになっていることだけは想像できます。あとは学校教育にも大いに取り入れられていることでしょう。

イッツコムの光回線

インターネットを自宅で行おうとすると、やはり光回線がいいですね。

昔と違って、動画を見たり大きなファイルをダウンロードしたりするので通信スピードが
速い方がいいに決まってます。

数ヶ月前に、その光回線もプロバイダーもキャリアも変えました。

それまでは回線は、NTTさんのフレッツ光。
プロバイダーはぷららさん。

それをイッツコムの光回線にしたのです。
理由は単純明快。

月額料金が安くなったからです。
フレッツ光を使い始めた頃は、引っ越しでマンションに移ったのですが、そこでは光回線しか使えないということで、契約をしてのです。

当時では、そんなに高速のインターネットが必須ではなかったのですが、数年経つと環境が激変していました。

家族の全員がバソコンかスマホを持つようになって、トラフィックが格段に多くなったのです。

特にスマホだと家ではWifiで使うので、光回線でも時々、動画がフリーズするかコマ落ちすることがあったのです。

しかも、引っ越し時点では引っ越しで、ドタバタの中で契約してしまい月額料金も結構な値段でした。

それから、数年後、光回線もポピュラーになってきて色々なプロバイダーから。魅力的な料金メニューが出てきていました。

「そろそろ、インターネットも見なおさなきなゃな。」
と家族で話をしていた矢先。

マンションは共聴設備の工事をするということになり?併せてインターネットの見直しもあったのです。、

それを契機にイッツコムへの乗り換えとなりました。

月々の費用が安くなると同時に、通信スピードも速くなり、以前より増して、家族全員が快適インターネットライフを堪能しています。